お風呂場でスチームクリーナーなら換気扇必須?

 

スチームクリーナーの使いどころとして、お風呂場がよく挙げられると思います。具体的には、お風呂場のカビ掃除ですね。お風呂場はどうしても湿度が高いことが多い関係上、カビ汚れも短期間で頑固化しやすいと聞きます。そうかと言って、頑張って擦り落とそうものなら浴室の素材を傷付けかねません。

 

そのため、擦らなくても綺麗に落とせるまでに、蒸気によってカビ汚れを浮かせてくれるスチームクリーナーが重宝されるんですね。実際、スチームクリーナーでカビに一通り蒸気を噴射した後は、軽く拭うか強めのシャワーをかけるだけで、粗方綺麗に落ちるみたいです。

 

ただ、お風呂場という湿気の溜まりやすい場所で、更に蒸気を使いますから、換気扇はフル稼働させておいた方が良いのでしょうか?最悪、スチームクリーナーの蒸気のせいで、またカビが生えてしまうなんていうこともありそうですが…念のため使用後に少し換気する程度で十分みたいです。

 

なぜなら、スチームクリーナーから出る蒸気は約100度もする超高温の関係上、噴射された後にはすぐ大半が気化するせいで、濡れることは無いからです。ただし、気化した分も暫くは浴室に篭るため、通気性があまり良くないお風呂場の場合は使用後少し長めに換気扇を回した方が無難とのことでした。

 

 

スチームクリーナーで網戸もピカピカ!

網戸掃除を本格的にやろうとすると、意外と大変だそうです。なぜなら、網戸の細かい目に、埃やカビの汚れがビッシリ詰まっているからです。そのため、軽く水拭きする程度ではまず落ちませんし、掃除機をかけてもあまり効果が無いみたいです。つまり、細かい目に焦点を当てながら、スポンジ等で地道に擦って行くしか無いんです。

 

しかし、網戸の大きさや窓の数を考えると、そうした原始的な掃除方法だと時間も労力も計り知れません。そこで、もっと簡単に網戸を掃除できるグッズがあります。それは、スチームクリーナー。蒸気によって汚れを浮かし、落としやすくしてくれる掃除具ですね。

 

ただ、スチームクリーナーから噴射される蒸気は、元々は水から作られたもの。となると、網戸の目に詰まった埃やカビが膨らんで、汚れが悪化するだけではないでしょうか?個人的にはその点が疑問でしたが、実際効果はすごいそうです。

 

なんでも、蒸気と言ってもスチームクリーナーから出るそれは約100度にも達するため、ほぼ熱風のような感じでこびり付いたカビも埃も浮かせてくれるのだとか。そのため、一通り蒸気をかけた後は、軽く拭って浮いたカビや埃を除去するだけで十分だそうです。スチームクリーナーって、網戸掃除にもこんなに役立つんですね。

 

 

スチームクリーナーなら網戸掃除も簡単!

窓と違い、網戸を掃除するイメージはあまり湧きませんが、実際は定期的に掃除をしておいた方が良いそうです。なぜなら、網戸の細かい目には、埃やカビ汚れが詰まりやすいため、長期間放置しておくと家に入る光を遮ることになるからです。実際、網戸掃除をして窓から入る明かりの量が変わった、という声もネット上にはありました。

 

しかし、網の目に詰まった埃やカビ汚れは、どのように掃除すれば良いのでしょうか?網の目は細かいですから、地道にスポンジで擦って行くしかないようにも思えますが、網戸の数を考えると時間や労力が計り知れません。そこで、意外と使えるのがスチームクリーナーだそうです。

 

水から作った蒸気を使ったところで、カビや埃を膨らませて汚れを悪化させるだけではと、個人的には心配になりましたが、そうした危険はまず無いみたいです。なぜなら、スチームクリーナーから噴射される蒸気は約100度とかなり高温のため、ほとんど熱風の様にどんなしつこい汚れも瞬く間に浮かせてくれるからです。

 

具体的には、網戸に一通りスチームクリーナーで蒸気を吹きかけた後は、スポンジで軽く擦って浮いたカビや埃を除去すればピカピカになるそうです。最初からスポンジで擦るのに比べたら、断然楽ですね。

 

 

スチームクリーナーでトイレの黄ばみも落とせる!?

トイレを定期的に掃除しているにもかかわらず、黄ばみ汚れに悩まされる人は多いそうです。しかも、その黄ばみ汚れはトイレの臭いの原因にもなるとかで。臭わないためにもトイレは定期的に掃除すべきと言われているのに、なぜその掃除で黄ばみ汚れは防げないのでしょうか?

 

調べたところ、黄ばみ汚れの原因が、とても厄介な性質を持っていると分かりました。詳しく言うと、黄ばみ汚れの原因は尿石、つまりは尿に含まれたカルシウム成分が固まって石化したものであるため、トイレの陶器にしつこくこびり付いてしまっているそうです。だから、ブラシと洗剤で掃除する程度では落ちないんですね。

 

そうかと言って、あまりゴシゴシ擦ろうものなら、トイレの陶器を傷付けかねません。そこで活用すると良いのが、スチームクリーナーみたいです。単なる水から作った蒸気で尿石を除去できるのかとも思えますが、スチームクリーナーの蒸気は約100度もする超高温のため、どんな頑固な汚れも浮かせて落としやすくしてくれるそうです。

 

また、高温蒸気には洗剤の威力を上げる効果もあるため、予め洗剤を塗った上で使えばより確実とのことでした。これなら、洗剤とブラシで頑張るよりも断然楽ですし、トイレの陶器にも優しいですね。

 

 

スチームクリーナーはトイレの臭い取りにも! 

トイレを定期的に掃除しているのに、いまいち臭いが取れない。そういった悩みを抱える人は多いそうです。だから、数え切れない程たくさんの芳香剤が売られているんですね。しかし、掃除をしていないのならともかく、ちゃんと掃除をしているのになぜトイレが臭うのでしょうか?

 

それは、洗剤をブラシによる掃除程度では、臭いの原因である尿石による汚れは除去できないからです。尿石とは、尿中のカルシウム成分が石化したものである関係上、しつこくトイレの陶器にこびり付いているみたいです。そのため、除去するにはブラシでとにかく擦るしかありませんが、それだと今度はトイレの陶器を傷付けかねません。

 

そこで、もっと簡単かつトイレの陶器も傷付けずに、尿石を除去する方法を探してみたところ…スチームクリーナーが使えると分かりました。最初は、蒸気も元々は単なる水分ですから、本当にそれで尿石が除去できるのか半信半疑でしたが、スチームクリーナーの蒸気は約100度にも達する超高温のため、頑固な尿石も陶器から浮かせてくれるそうです。

 

また、高温蒸気には洗剤の威力を高める効果もあるため、洗剤を併用すれば長期間放置した尿石も綺麗に掃除できるみたいです。これなら、洗剤とブラシだけに頼るより断然良いですね。

 

 

 

排卵検査薬と避妊基礎知識

黄体形成ホルモンLHは、成熟した卵胞に働きかけて卵胞から卵子を排出させます。これが「排卵」で、卵管内で精子と接合(受精)した受精卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮まで進みます。子宮内膜に定着(着床)して、発育を続けるのが「妊娠」です。
排卵の前にはLHの分泌量が急激に増加し、血中や尿中のLH濃度が上昇します。LH濃度上昇から、一般的に36時間以内に排卵が起こることが知られており、これを利用して排卵日を予測するのが「排卵日検査薬」の仕組みです。卵子の寿命は約24時間程度、精子の寿命は2~3日と言われています。妊娠しやすいのは、排卵日当日とその前後の3日間ということになります。
排卵日検査薬
は、生理開始日の約10~13日後から使い始め、尿を浸してLH濃度を調べます。陽性になった場合はLH濃度が急上昇したということで、36時間以内に排卵があります。
避妊したい場合には、陽性反応が出てから一定の期間をあけるという方法が考えられます。ただし、尿の濃度で排卵日を確定できないこともあり、陰性でも妊娠する可能性があります。また、生理不順の場合でも判断が難しいでしょう。避妊するなら、避妊具をしっかり使用することが確実でおすすめです。

 

スチームクリーナーを使っても剥がれない塗装とは

 

家の外構部分やポーチなどのタイル、または石などは、長年の風雨にさらされることで様々な汚れがついてしまうものです。
また、家の中においても、キッチンやバスルームといった水回りの箇所には頑固な油汚れや水垢、カビなどが付着してしまいます。
こうした汚れを落とす際、一般的な洗剤やブラシなどでは汚れを落としきれないことがよくあります。
また、汚れが落ちないからといって毛先の硬いブラシなどで力を入れてこすってしまうと対象物の表面を傷つけてしまったり、塗装を剥がしてしまうことがあります。
こうしたことを防ぎ、また効率よく汚れを落とすことができるものにスチームクリーナーが挙げられます。
スチームクリーナーは水蒸気を利用して汚れを浮かせることができるため、ブラシなどで力を入れてこすらなくても簡単に汚れを落とすことができます。
溶剤などを使用しているわけではないので、塗装面でも問題なく使用することができ、また傷をつけてしまったり塗膜を傷めてしまうこともありません。
しかし、使用してある塗装も、水溶性のものであったり、塗膜の弱い屋内用のものなどでは塗料が溶け出してしまうこともあるので、心配なときには目立たない箇所でテストしてから使用するのが安全です。